リビングとキッチンの間を
抜けたところにある
わたしの書斎。

 

わたしは軽い閉所恐怖症みたいで
狭いところが苦手です。

 

なので書斎には
ドアをつけませんでした。

 

ドアがないからリビングにいる
家族の様子も音や気配でわかりやすい。

 

キッチン→書斎→洗濯室→洗面所→キッチン

という感じでくるっと一周
通り抜けられるのも
便利で気に入っています。

 

 

ただ最近は、

ドアを付ければよかったなぁ・・・

と思うようになりました。

 

 

 

なんでかというと
冬、暖房が効かなくて寒いから。

暖かい空気が書斎からすぐに
リビングやキッチンの方に
流れて行っちゃうんです。

 

 

それから

プライベートな個室が欲しいから。

 

 

もちろんわたしの書斎なので
自分のモノしか置かれていない
プライベートな空間ではあります。

 

ただ、ドアという仕切りがないので
夫も息子もニャン子も
自由に入ってこれるし

 

気持ち的にも

「いつ何をみられても大丈夫ですっていう状況にしておかないと・・・!」

と、勝手に気負っている
ところがあるんです。

 

秘密基地みたいな
完全に自分だけの場所にしたいなぁ
って思うようになってきたんですよね。

 

ドアをつけるのは物理的に
ちょっと難しいので

ロールスクリーンか
のれんをつけようかな
と思っています。

 

 

壁がペイントなので、
突っ張り棒をつけると
ひび割れちゃうという問題もあり

つけ方をいろいろと
考えているところです。

 

秋くらいまでには
解決したいなぁ☺︎

 



❤︎を押していただけると嬉しいです☺︎

1+