ありのままの自分を
さらけ出してみようと思う。

 

 

わたしは自分のことを
名前で呼ぶ。

 

大学生くらいまで

「まきは、」

と言っていた。

 

「わたし」

と言えなかった。

 

小さい子どもなら
可愛いけれど

もう大人なのに。

恥ずかしいと思う。

 

だけど、癖なんだなぁ。

名前呼びが可愛いと思って
とかじゃない。

 

 

社会人になってからは
言わないように
気をつけている。

 

だけど夫と話しているときに
ぽろっと言っちゃうこともある。

 

あと、実家に帰って
家族と話してるときとか。

 

 

 

「わたし」という呼び方に
慣れていないから

〖わたし〗≠〖麻希〗

な気がしちゃうんだ。

 

 

だから人前では
「わたし」と言うけれど

 

自分の気持ちを整理する
自分会議のときには

 

「まきはどう思う?」

「まきはどうしたい?」

「まきはよくがんばってるよ」

 

という感じで

自分の名前を
心の中で呟いている。

 

その方が自分と深く
向き合える気がするから。

 

 

自分のことを
名前で呼んじゃう。

これも自分なんだ。

 



❤︎を押していただけると励みになります☺︎

4+