住民票に旧姓を併記する
手続きをしてきた。

 

まだ手元に
住民票はないけど

旧姓が書かれた
公的な書類をもらえることが

すごく、すごく嬉しい。

 

——-

 

結婚したときに
夫の姓を選んだ。

 

本籍地も
夫の本籍地にした。

 

戸籍は新しく
作られるものだから

どちらの家系の代々の戸籍に入る
とかってわけじゃないし

 

「竹ヶ原にしてもいいんだよ?」

「本籍地って存在する住所ならどこでもいいらしいよ(皇居とかでもいいらしい)」

って冗談ぽく
言ってみたんだ。

 

そしたら

「やだ」

って。

 

・・・

 

(わたしだって変わるのやだよ・・・)

 

——-

 

結婚してすぐの
いろいろな手続き関係

例えば

 

銀行口座、クレジットカードの名義変更

免許証の氏名書き換え

勤務先への諸々の変更届

登録しているもの
全ての名義変更

 

そういうのは確かに
めんどくさかったけど

そうじゃないんだ。

それは正直
どうだっていいんだ。

一回やれば
済むことだから。

 

 

わたし、
全部変わっちゃった。

今まで生きてきた自分が
いなくなっちゃった。

 

積み上げてきたものが
一瞬でなくなってしまった
ような気がした。

 

この〖◯◯ 麻希〗って、誰?

わたしって、だれ?

 

ワタシハ、ダレ・・・?

 

そんな気持ちだった。

 

——-

 

勤務先では旧姓のままで
呼んでもらうことにした。

起業したときも
旧姓を名乗ることにした。

 

それでも
気持ちはおさまらなかった。

公的なものではないから。

 

 

車の免許証に
旧姓併記ができると知って

「これだ!」

と思った。

 

公的な身分証明書に
旧姓が記載されることで

いなくなっていた自分が
戻ってくる気がした。

 

結婚する前は

好きな人と同じ名字に
なることに憧れていた。

 

でもいざ苗字が
変わるとなって

こんなにも
未練が残るとは。

 

 

週明けに住民票を
取りに行って

そして免許更新に
行ってくる。

 

 

 


❤︎を押してもらえると小躍りするほど嬉しいです☺︎

5+